2018.07.11

ARのビジネス活用事例

Business use cases of AR ARは私達が思っているより、ビジネスの面で積極的な導入が行われています。その例の一部を紹介していきたいと思います。

工事のシュミレーションをARで行う

Business use cases of AR 工事中の地面に対して(「工事」の言葉の使い方が間違っているかもしれませんが、ここでは分かりやすさを重視して、あえてこう表現します。)、 完成予想図をスマホ上などで照らし合わせることで、イメージがしやすくなります。 また、柱や屋根など建物の細かい部分も一旦バーチャルで再現することで、実際の完成とのズレを無くすことができます。 このような工事に対するAR使用は、建設業界などに限らず顧客にも見せて安心感を与えることに、一役買っていると予想できます。

より的確な修理が可能

Business use cases of AR さらに建設に限らず、修理の面でもARは役立ちます。 破損した箇所をディスプレイ上で見ると、その修理の仕方がレクチャーされた動画が表示されたり、また頭部に機械を装着すればセンサー上で、破損した箇所の細かい情報がさらに分かり、より細かで的確な修理が可能となります。 また、修理した箇所を確認するのに蓋を開けなければならないと言う自体も回避することも出来るようです。

ガイドをしてくれる

Business use cases of AR 博物館や美術館などで、より作品に興味を持ってくれるガイドが可能になります。 例えばデトロイト美術館においては、ミイラの内部もARによって見ることが出来るようです。 さらにこれは自分の予想ですが、見ている作品の制作風景も見れることも十分にありえます。 そして作品だけに限らず、博物館や美術館内の自分が興味ある作品へのガイドや、そこに適した広告もARで見せることも可能です。

漫画をARで読み込むことで、CG映像が浮かび上がりアニメーションが展開

Business use cases of AR さらに漫画に隠されたメッセージや細かい解説も見ることが出来るようです。 漫画は絵を見せるためのものなので、こう言った細かい情報はもしARなしであったら邪魔になると感じられますし、2度読みの際にAR上でこのようにしてくれれば、より作品に対して好きになる可能性が高くなります。 さらにある美術館では、自分を映し出した写真を漫画のコマ割りの一部に変えくれると言った試みもされたそうです。

ARは自分達の生活を豊かにしてくる

Business use cases of AR このように、もはや生活の一部に溶け込んでいると言っても過言でないAR。私達の生活をより便利に、より楽しくしてくれるのが分かりますし、思いもよらない発想のARの使い方がこれからも生まれることが十分に考えられます。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス