2018.06.18

テーマパーク内でドローンを飛ばせるか?

Can you let the drone fly in the theme park? Can you let the drone fly in the theme park? 先日行われた平昌オリンピックの開・閉会式では、まるでCG映像のように無数のドローンが自由自在に飛び人々の話題をさらっていきました。 そこで平昌オリンピックの例のように、日本でこのような大掛かりな人が集まる場所でドローンを飛ばしたい場合やる事は可能でしょうか? その考察をしていきます。

平昌オリンピックのドローンの正体

Can you let the drone fly in the theme park? 平昌オリンピックの開・閉会式で使われたドローンはインテル製のシューティングスター。 開会式では1,200機ほど。閉会式では300機ほどのドローンが飛んだとの事です。 開会式では事情によって事前収録したのを使わざるを得なかったとの事ですが、閉会式では風が吹いていなかったので無事成功に導きました。 このドローンを使ったショーはドローン数は開・閉会式どではないとは言え、様々な国で行い日本でも長崎のハウステンボスにて2017年の夏期にやったとのことです。

人口集中地帯でも認可は貰える

Can you let the drone fly in the theme park? 画像引用:統計局ホームページ/人口集中地区とは : http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-1.htm なので日本でドローンを使ったショーを行うこと自体は、特別な認可を得られれば可能と言うことが分かります。 ちなみにシューティングスターのドローンのスペックは全長が30.5cmほどで重さが227gほど。 シューティングスターを使いたい場合、国土交通省から許可を得なければならないことになります。

人が集まる所ではドローンは基本禁止の風潮

Can you let the drone fly in the theme park? しかしトイドローンでもあってもテーマパークや公園内で、動植物・人間への危害を考慮して「ドローン禁止」の貼り付けをしている所が多くあります。 今回のような200g以上のドローンを飛ばしたい場合でも、例え認可がおりてもテーマパーク・公園内で自由に飛ばすのは、風潮的に却下される確率が高くなると考えられます。 と言う事はやはりテーマパーク内であっても、そう行ったイベントがあると告知するかつ、人がいない場所でしか飛ばすしかないと言う風に考えられます。 ハウステンボス内は「日本で唯一、購入から講習、実際の飛行もできるテーマパーク」と謳っていますが、これもそう言ったアナウンスがあると言えます。

ドローンが飛ばせ無さそうな例と、前向きに検討できる例

Can you let the drone fly in the theme park? と言う事はテーマパーク内のような人が集まるエリアで考えられる、ドローンの飛ばし方としては次のようになります。 ・国土交通省から許可が必要なことがある。 ・ただし許可を得てもドローンで人を大勢いる風景を撮るのは難しい。 ・但しイベント内でやる分には前向きに検討できる。 何かしらの参考になれれば幸いです。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス