2018.07.20

エリア限定で見る、ドローンのビジネス例(鹿児島編)

View by area only, business example of drone (Kagoshima edition) 日本全国で広まっているドローンを使ったビジネス。一つの都道府県に絞って紹介していきたいと思います。今回はその中で鹿児島県について取り上げます。 View by area only, business example of drone (Kagoshima edition)

認定スクール

相次ぐドローンの事故や事件などで航空法が改正され、ドローンをビジネスシーンで使うことが難しくなりました。 しかしJUIDA(一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会)の認可が取れれば、以前のようにビジネスで使えるようになります。 そこでJUIDA認定スクールが鹿児島でも誕生しています。 また操縦技術に限らず、国土交通省への許可の取り方もアドバイスも行っていたり、実技試験を基本は野外で、雨天時は体育館でやると言った考慮がされています。

販売及びそれに関する事業

View by area only, business example of drone (Kagoshima edition) ドローンの販売を行っている会社があります。 またそれだけではなく、利用目的に合うお薦めのドローン。購入後のメンテナンスや講習会やセミナーなども行っていることが多いのが特徴です。 さらに関連会社経由でカードローン決済が出来たり、カスタマイズ発注を行ったりなど、多様な目的に合うドローンに関する、ありとあらゆるものをカバーしています。

茶畑のPR・管理

View by area only, business example of drone (Kagoshima edition) 鹿児島はお茶の産地。それをPRするためにドローン撮影も行われています。 また伊藤園も鹿児島含む全国の茶畑をドローン撮影するPR方法を採用しています。茶畑を様子を衛生と組み合わせることで、より細かに見ることを目的としているようです。

ドローンの操作体験

初心者に向けてドローンの操作方法を教えると言うのが活発に行われています。 5分間に付き100円と言った風に格安であったり、地域振興会など行政が主体なものが多いです。 ただ高等学校の体験入学でドローンの操作体験が可能などもあるので、勧誘と言った意味合いが強いのもあります。

離島をPR

View by area only, business example of drone (Kagoshima edition) 鹿児島の行政が、Webページ上にてドローンでの離島PRを行っています。 鹿児島は数多くの、人の住んでいる離島があります。その特色を活かして、それら6つの島々をドローン撮影して観光誘致を行っています。 4Kによるハイビジョン映像で、各島の地理や自然の情景をダイナミックに映し出しています。(ちなみに4Kは、全自治体の中でも初めての試みとなります。) さらに撮影ポイントや地図、各離島の説明も記載しているなど、ドローン撮影に頼らない工夫をしているのが特徴になっています。

認定スクールや販売があるだけでなく、PRにも積極的

View by area only, business example of drone (Kagoshima edition) このように鹿児島では、操作技術や販売に関するビジネスを行っているだけでなく、誘致を積極的に行っているのが特徴と言えます。  

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス