2018.08.04

エリア限定で見る、ドローンのビジネス例(東京編)

日本全国で広まっているドローンを使ったビジネス。実用例を一つの都道府県に絞って取り上げていきます。今回は栃木を例に紹介します。

多数の練習場があります

Looking at the area only, Drone's business example (Tokyo edition) 画像引用: 東京23区内初ドローン練習場 | LIONS FACILITY(ライオンズファシリティ) | DJI日本正規代理店 : http://www.lionsfilm.co.jp/facility/ 他の県では自治体や会社などの組織が開くセミナーに参加しないと、ドローンの本格的な練習が出来ません。 ところが東京では常時ドローンの練習が出来る場が多いです。 しかもスタッフによってレクチャーを受けることが可能で、また初回30分無料だったり、ドローンを販売していたりなど、購入前の私有運転が可能などいたれ尽くせリです。

それ以外の場所では飛ばすのは難しいです

  Looking at the area only, Drone's business example (Tokyo edition) また「ドローン飛行の免許・許可の仕組みが超絶簡単にわかる無双ガイド | ドローン許可申請.com : http://drone-kyoka.com/guide」を見ると、このような記述があります。 ” 航空法の中でドローンは商業利用を前提としているので趣味のドローンに関しては「趣味だったら手続きをしなくていいんじゃないか」という風に考えている人も多いのではないだろうか。 しかし、趣味と商業利用で飛行のさせ方に違いがない限り、やはり趣味でも許可・承認手続きが必要だ。 たとえば自宅の庭で飛行させようと思っていても、自宅が人口集中地区に該当する場合は許可が必要になるし、仮にそうでなかったとしても夜間に飛行させたり目視外で飛行させる場合は承認申請が必要になる。 ” 実際体験談としても、199g以下のトイドローンでも公園内で人の少ない時間帯を狙うなどやるにも一苦労のようです。 なので都内ではそう言った練習場ぐらいでしかやれないと言えます。

映像製作会社が多くある

Looking at the area only, Drone's business example (Tokyo edition) 東京にも、もちろんドローンを使った空撮を行う映像製作会社が多くあります。 ただし他の県では販売やレクチャーも行う映像製作会社が多いのに対して、東京のではそう言ったのは見受けられません。 これは恐らく販売やレクチャーなどをしても、都内ではやれる条件などがかなり限られてくるから、割に合わないと言う判断をしているからだと思います。 ただ都内の映像製作会社のマルチコプタービジネスアカデミーは、個人のクリエイターや会社向けにビジネス向け・ドローン映像の作り方の講座を開いています。

行政書士事務所

Looking at the area only, Drone's business example (Tokyo edition) 「ドローン 東京」で検索すると、ドローンの飛行許可を代行ですると言った行政書士のページ内容がヒットしました。また、同じような他の行政書士のページも幾つも見受けられました。 200g以上のドローンを飛ばすためには、国土交通省の許可が必要でしかも手続きが複雑であることから、行政書士事務所に代行でお願いすると言う形です。 実際、「ドローン 東京」内では『都内でドローンは場所はあるか? どこで飛ばせるのか?』と言った内容が多く出ます。 国土交通省の許可では、通るルートも申請しなければならないので、そう言った規制範囲内で飛ばせる場所と言うのも、行政書士事務所は提示してくれるかもしれません。

制作会社への需要は多いと考えられます

Looking at the area only, Drone's business example (Tokyo edition) 東京は他の県と比べると、それほどドローンの積極的な活用が見受けられない印象を受けました。 それはやはり飛ばせる場所が限られる所が、起因していると考えられます。 しかし世界に向けて日本をアピールする際、東京が第一に取り上げられると思うので、映像製作会社の需要は多いと思いますし数が多いのもそのためかもしれません。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス