2017.11.10

VR、ARの先にある技術「混合現実(MR)」とは何か

mr mr http://vr-360.net/blog/hololens_170126.html VR、ARと比べると一般認知度はまだ低く、MRという単語も耳慣れない人の方が多いのではないでしょうか。MR( Mixed Reality)とは複合現実と呼ばれ、仮想空間にと現実を融合させた世界をつくる技術を指します。テクノロジーの発展により、現実とバーチャルの境界線が曖昧になってきている中で、MRは新しく出てきた次世代の技術領域と言われています。

未知の領域、MR

mr http://vr-360.net/blog/hololens_170126.html MRの技術領域はARとは逆の発想で、仮想空間に現実世界を投影したバーチャル体験が可能です。主観はデジタル空間に置かれており、現実世界の情報を仮想空間に投影するため、見ている情報を他のユーザーと共有できるのが最大の特徴です。現実世界での情報量の方が多いため、VRのような没入感はないものの、現実世界に投影されたバーチャルオブジェクトがあたかもそこにあるかのような感覚は、MRならではといえます。

制作実例:スーパーマリオを現実世界でプレイ!

mario http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/22/news135.html VRやARと比べると、まだまだ開発途中のMRは技術的な説明があっても、あまりピンとこない人も多いのではないでしょうか。そんな中、マイクロソフトが開発したMRデバイス「HoloLens」を使用し、現実世界で「スーパーマリオブラザーズ」をプレイする動画が2017年6月にYouTubeに投稿され注目を集めています。プレイヤー視点で見ると、スーパーマリオでおなじみの敵キャラクリボーや土管などのアイテムが仮想空間のオブジェクトとして現実世界に反映されています。 https://youtu.be/RjJ44klc8zk

秘密裏に開発が進められるMR

magicleap http://www.moguravr.com/magic-leap-matome/ MR技術の開発を行っている代表格としては、Googleなどの大手企業が14億もの多額の資金を提供しているデバイス開発企業「Magic leap」が挙げられます。同社はデバイスの公式発表もない中で資金調達を行っており、具体的な技術に関しても、公式サイトでも映像が提供されている程度にとどまっていることから、開発は極秘に進められている印象です。現実空間に様々なオブジェクトを投影した動画がアップされており、今後の発表が非常に気なる企業です。

MR技術の発展により、現実とバーチャルの境界がなくなる日も近い。

mr http://getnavi.jp/digital/114739/ このようにVR、ARの技術領域の「良いとこ取り」をしているMR。海外での開発が主流であり、日本にはまだ浸透していない技術領域だが、数年後にはVRやARを超えた技術領域として発展し、現実とバーチャルの境界線がなくなる日が訪れるのかもしれません。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス