2018.05.22

エリア限定で見る、ドローンのビジネス例(長崎編)

View by area only, business example of drone (edited by Nagasaki) View by area only, business example of drone (edited by Nagasaki) 画像引用:「長崎・夏の風物詩」熱い!ペーロン競漕/ドローン長崎空撮 – YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=U4fJqua_0ag 日本全国で行われているドローンを使ったビジネス。各県にスポットを当てて紹介していきます。今回は長崎の特集です。

軍艦島のドローン撮影

View by area only, business example of drone (edited by Nagasaki) 世界遺産である軍艦島(正式名称:端島)のドローン撮影は話題を集めています。 軍艦島は老朽化の進んでいる建物が大半を覆うため、立ち入りを制限しています。 故に全貌を映すには許可が降りないといけないので、誰もが撮影できるわけではありません。 なので調査や海外アピールのためなど、許可を降りた所が撮影を行うのはとても貴重です。 またそれで得た調査を元に軍艦島を3DCG化で再現化するプロジェクトも行われており、かつての建物の資料を事細かに資料として残す取り組みは加速化しています。  

ハウステンボス内で講習から空撮も可能

View by area only, business example of drone (edited by Nagasaki) 画像引用:ハウステンボス、ドローン事業開始 講習や園内での空撮など – トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 : https://www.traicy.com/20160714-htb 佐世保市内にあるハウステンボスでは、ドローンの購入及び講習を受けたり、空撮ができます。 日本のテーマパーク内で唯一それらが一貫して出来る場所とハウステンボスは語っています。 ちなみにまた2006年に誕生し、ドローンのシェア率世界ナンバーワンであるDJI認定なので本格的な高刺入を受けること出来ます。 ハウステンボスは2017年7月22日から8月5日にかけて、300機のドローンを使ったライトショーを行ったり、社長が実験中の車付きドローンを発表したりするなど、ドローンに強いのが特色の一つです。  

軍艦島以外でも長崎ならではの特色をPR

View by area only, business example of drone (edited by Nagasaki) 画像引用:黒島天主堂フライスルー | ハコスコストア : https://store.hacosco.com/movies/3f7920c6-2b83-4506-a67e-64e30762453b 他の県がそうであるように、長崎もまたドローンの飛行許可申請を扱う行政書士事務所、及び撮影会社も活発 やはり数々の自然の絶景スポットをドローンでPRしていますが、その中ではキリシタンと関わりが深い場所のPRが出来るが県ならではの特色となります。 その中で特に面白いのがドローンが五島列島の無人島にある野首教会をドローン撮影したもの。 また株式会社ハコスコの運営する「Nagasaki_VR」チャンネルにて、複数の教会をドローンを使って360度撮影して3D空間化したものが見られます。 そしてそこを訪問者のように見られるので、  

ドローン活用が活発

View by area only, business example of drone (edited by Nagasaki) 画像引用:【ドローン4K空撮】長崎県 五島列島の福江島 | DRONE OWNERS ドローンの楽しさを伝えるメディア : https://droneowners.jp/movie_fukuejima_170728.html このように長崎県ではドローンでの遺跡撮影をPRすると同時に、3DCG化すると言う面白い試みをやっています。 またハウステンボスはドローンを使ったライトショーを行ったり、講習及び空撮も出来るスクールも出来るのはとてもユニークです。 ドローン先進県と言っても過言ではないかもしれません。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス