2018.08.22

ARの手軽な楽しみ方

ARは決して敷居の高いものではありません。遊びから実用的なものまでARは手軽に楽しむことができます。 今回はそんなARの手軽な楽しみ方を紹介したいと思います。

子供はARガンで熱中できます

How to enjoy AR easily 画像引用: AR GAME GUN BL007|ヒロ・コーポレーション : http://hiro-corpo.net/users/detail.asp?pn=000000034968 ARガンとは、スマートフォンと連動するシューティングゲームのことです。 無料の専用アプリをスマートフォンに入れて、実際の空間から敵が現れてそれを倒すと言う遊びになっています。 銃の形をしたオモチャにスマートフォンを取り付けて、スマホ越しに画面を見てプレイします。トリガーを弾く動作も面白さにさらに拍車をかけています。 ARガンのゲームは日本ではヒロ・コーポレーションやカワダなどから発売。どちらも様々なARガンを使ったゲームが配信されるとのことです。

若い女性はsnowなど「盛れる」もので楽しめます

How to enjoy AR easily 画像引用: スノー SNOW – ARカメラを App Store で : https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC-snow-ar%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9/id1022267439?mt=8 ご存知のとおり、snowは自分の顔を認識させて、犬耳を付けるなど様々なデコレーションができるアプリのことです。 若い女性達の間で人気を呼んでいるアプリですが、一番浸透しているAR技術の一つと言っても過言ではないかもしれません。 (とは言え、若い人限定と言うイメージが強いかもしれませんが。) またsnowと似たアプリとして、ユーカムメイクと言う自分の化粧をバーチャル上で試せると言うサービスも登場しています。 女性は『バーチャルで盛れる』ARを、手軽に楽しむことができます。

物の測定が可能で、記録も出来る

How to enjoy AR easily 画像引用: 測定アプリ My Measures PRO + ARを App Store で : https://itunes.apple.com/jp/app/id325962257?mt=8&ign-mpt=uo%3D4 実用的なARは沢山ありますが、その中で一番手軽なものとしては物の長さを測るサービスです。 そう言ったアプリが豊富にあり、メジャーや物差しを持たなくても、しかも隙間の中にあるケーブルなど測りにくい物も容易に測定できます。 またメジャーや物差しにはないメリットして、数値が記録されます。

無料でARを作ることが可能

How to enjoy AR easily 画像引用: ARナビキャラ:自分で埋め込む参加型のAR作成アプリ : https://www.arnavichara.com/ ARはただ体感するだけでなく、自分で気軽に作ることが可能です。(写真はその一例です。) 色んなサイト上などで、スマホでマーカーを映すと、そこに自分のお気に入りの画像が浮かび上がると言う遊びが無料で出来ます。 また画像だけでなく、テキストや動画、共有ボタンも組み込むことが可能です。 ちなみに商用として使いたい場合や、もっとARを作りたい場合はお金を払う必要がありますが、個人で楽しむには気軽な楽しみ方の一つには代わりありません。

ARは手軽に楽しめます

How to enjoy AR easily このようにARは手軽に楽しむことができます。確かに敷居の高く感じるかもしれませんが、自身が興味を持ったARを楽しんでみればいいのでは思います。 また上で紹介した以外の沢山のARの楽しみ方がありますし、手軽にARに触れることが出来るはずです。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス