2017.12.24

グループVRを楽しめる大型店舗「VREX(ヴィレックス) 渋谷宮益坂店」がオープン!

vrex
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20171129055/  
たくさんの新店舗が参入を始めるVR体験施設。新たな大型店舗が渋谷に誕生しました。2017年11月29日にオープンした「VREX 渋谷宮益坂店」は新たにVR事業に参入した書店業界の老舗、株式会社フタバ図書が運営する店舗です。従来のVR体験型施設との違いは何か、VREXの魅力を徹底してまとめました。

業界初!VRだけではなく、本格的な飲食を楽しめる。

http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20171129055/

VREXでは、本格的なフード約50品とアルコールを含むドリンク約100種のインスタ映えする、見た目にも楽しいメニューが揃っています。VRではなくとも、従来のアトラクション併設飲食店でこれだけの品数を揃える店舗はなかなかないのではないでしょうか。VREXではVR体験までの待ち時間中に飲食を楽しみながら、他ユーザーが体験しているVRコンテンツの様子をモニターで観戦することが出来るので、待ち時間でのストレスが緩和されます。お客様への細やかな配慮が嬉しいですね。

最大6人プレイ可能!グループでVRを楽しめる大型店舗。

http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=14812
VREXでは友達同士やカップルのコミュニケーション手段として,ARやVRゲームが用いられています。VRゲームは1~4人でプレイできるパーティータイプのものが7種類あり,「まくら投げ」や「SUSHI COASTER」「ボンバードッヂ」などここでしか楽しめないオリジナルコンテンツが揃っています。「約90席(VRブース3/ARブース1)と広い店内で賑やかにVRコンテンツを楽しめるのもVREXの魅力の1つ。プレイ料金は「ヴァーチャルライフ~大人編~」のみ2000円(税別)でその他のコンテンツは700円(税別)と良心的な値段です。

店舗市場初!プレイ時間が30分超のゲームも。

 
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20171129055/  
他店舗にはない、プレイ時間が30分超の長編コンテンツ「バーチャルライフ~大人編~」もVREXならではの体験です。「バーチャルライフ」はプレイヤーが人生ゲームのコマとなり、スゴロクを楽しむゲームです。目玉コンテンツでもある本ゲームは、VRコンテンツで世界最長のプレイ時間となります。従来のVRゲームでは、平均プレイ時間が約5分ですが、「バーチャルライフ」のプレイ時間は約6倍にもなる30分を超える長編となります。

今後も拡大予定!しかし、方向性は模索中。

 
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20171129055/
フタバ図書は、VREXを2018年内に関東圏に10店舗出店する事を目指しています。VREX事業室の水本室長は、店舗の狙いとして「合コンの場としての方向性」「呑んだ後の二軒目に寄れるようなお店を目指す方向性」の2つを想定しているそうです。 渋谷宮益坂店の1年間の来客の動向によって、どちらの方向で店舗の運営を進めていくか、あるいは店内でのコミュニケーションを重視する第三の方向性に進めていくか、判断していきたいとのことでした。

monocyte

ビジネスを前提としたクリエイティブワークの中で私たちが大切にしてきたものは 「クライアントの目線に立ち、ユーザーの視点でものを見る」 ということ。 常に高い品質を追い求め、 VISUAL BRANDINGを軸にした映像を提供します。

CREATIVE SERVICE

映像制作サービス